自治体モバイル戦略 - 河井孝仁

自治体モバイル戦略 河井孝仁

Add: qoroxy8 - Date: 2020-11-25 23:56:52 - Views: 1804 - Clicks: 660

河井 孝仁 氏(東海大学文化社会学部広報メディア学科 教授) シティプロモーション研究・実践支援の第一人者。 奈良県生駒市など、全国の自治体が行う、地域(まち)に真剣(マジ)になる人を増やす仕組みづくりの支援をおこなっている。. 14:15~15:25 パネルディスカッション1部 「自治体広報」 東海大学教授 河井孝仁 氏 ・兵庫県川西市教育委員会こども・若者政策課 池田次郎 氏 ・奈良県奈良市広報戦略課 高松明弘 氏 ・奈良県生駒市人事課 金丸彰吾. 属自治体のシティプロモーション戦略私案を発表しました。地域の魅力を洗い出してブランドメッセージを設定し、ブラ ンドメッセージの発信・推奨意欲を高めるための広報戦略を立てる、といった流れで、課題解決に向けて具体的な戦略を 提言しました。. 他の自治体のプロモーションが単層型だとすると、名古屋の戦略は複層型になっていて、そこが非常におもしろいと感じています。 他では、まちづくりに積極的な市民の方を少数集めて、その方々がまちの魅力を語り、ブランドメッセージを発信していく形が多いんですが、名古屋は違います。.

著書に『政策形成の戦略と展開-自治体シンクタンク序説』(東京法令出版)など多数。時事通信社「官庁速報」(ijamp)で「条例探訪」を連載中。 戸田市政策研究所 年4月に戸田市政策秘書室内に設置された市長直轄の組織(自治体シンクタンク)。. 遊橋 裕泰 氏 (株)NTTドコモ モバイル. 朝から暑いねー半袖シースルーでいける本日は、こんな双子コーデでどこに行くのかというと、自治体総合フェア へ 14:20~のトークセッションに出演します。東海大学 教授の河井孝仁さん、埼玉県三芳町 広報室の佐久間智之さんとご一緒させていた. にて。地域活性化を目的としたイベントで、来場者は自治体、議員、財団、社団、公営企業の方々。約120社くらいの会社・団体がブースを出展していて、同時に会場内ではセミナーなどが開催されてるの。. どこの自治体も若い世代の流出が課題になり、その層へのアプローチ手法に苦慮する中、u. ソーシャルネットワーク時代の自治体広報/河井 孝仁(社会・時事・政治・行政) - 地域の現場で活躍する人々の、さまざまな広報に関わる活動をまとめた書。ソーシャルネットワークのなかに自治体広報という活動を置いたときに、どのよ. 地域情報化アドバイザー一覧 年度 207名 (敬称略)<専門分野別検索用シート> 分野別対応マークの詳細はこちら顔写真地域情報化アドバイザー名部署・役職公開プロフィール(過去の実績) 川島 宏一(かわしま ひろいち)※アドバイザーリーダー内閣官房it総合戦略室オープンデータ伝道師.

22 新たな知と方法を生む地方創生セミナー 令和2年度【平日開催】地方創生&215;子ども農山漁村交流プロジェクト ~「交流の力」による地域活性化~. 自治体モバイル戦略 - 河井孝仁 1.自治体の社会的責任gsrの概要 2.自治体の社会的責任gsr設問・取り組み事例・効果 3.「地域課題抽出・改善・政策提言wg」の活用 4.おもてなし規格認証制度のすすめ方(csr配慮) 5.「地方創生」「1億総活躍社会」の実現に向けて. 河井孝仁 東海大学文学部広報メディア学科.

日経産業新聞: ハンズフリーで通話: /10/20. 自治体モバイル戦略 著 河井 孝仁 細田大造 「ケータイの今、電子自治体の今」 で弊社の遠隔電源制御ユニットが紹介されました。 /10/26. 自治体オープンデータ推進協議会(関西会議)協議会は、地方公共団体におけるオープンデータの活用に関する調査研究を目的として、年11月より関西地域での地方公共団体とオープンデータ有識者をメンバーとした自治体オープンデータ推進協議会(主査:河井孝仁 東海大学教授)を設立. Affiliation (Current):東海大学,文化社会学部,教授, Research Field:Library and information science/Humanistic social informatics,Library and information science/Humanistic social informatics,Basic Section 90020:Library and information science, humanistic and social informatics-related,Social systems engineering/Safety system, Keywords:地域経営,シティプロモーション. セミナー「未来への投資としての人口政策」, 開催日:年3月26日, 会場: 剛堂会館会議室, 講師:河井孝仁氏(東海大学文学部広報メディア学科教授),河尻和佳子氏(流山市総合政策部マーケティング課メディアプロモーション広報官),戸田佑也氏(㈱あらまほし代表取締役),明木一悦氏(npo. 河井孝仁 静岡県庁、財団法人静岡総合研究機構派遣、東海大学文学部広報メディア学科准教授を経て、(平成22)年から現職。 総務省地域情報化アドバイザー、(社)日本広報協会広報アドバイザーのほか、複数のNPO理事や委員会メンバーなどを務める。. 年 7 月 18 日(土)、公共コミュニケーション学会の 年度総会とシンポジウムを下記によりオンラインにて開催しました。. 専門は地域情報論(地域情報化・地域メディア・eコミュニティ)、行政広報論(自治体広報・シティプロモーション・地域ブランド・広報戦略・議会広報)、npo論(npoと企業のパートナーシップ・情報.

12 図書 地域魅力を高める「地域ブランド」戦略 : 自治体を活性化した16. 0)へと自治体. 河井孝仁 著. 元データ 所属. 5 図書 自治体モバイル戦略 : ケータイがつなぐ人と地域.

観光戦略の実践 市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)では、「観光戦略の実践」と題した研修を 下記のとおり開催します。 地域観光資源の発掘及び活用の手法、効果的な地域PRのための広報戦略、急. 文化社会学部広報メディア学科の河井孝仁教授を講師として 全国各地の地方自治体が実施しているシティプロモーションの成功や失敗の要因を俯瞰 」に切り 替えていくことの意義とその評価をお話しいただ. 河井孝仁氏(東海大学教授) 佐藤達郎氏(多摩美術大学教授) 藤平昌寿氏(ふじぽん総研代表) 【司会】 原田博子氏(npo法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事長) 日程 ※終了しました。 平成27年11月28日(土) 午後1時~午後4時30分. &0183;&32;特殊詐欺などの犯罪抑止を呼び掛けたり、まちの魅力を発信したりする顔として、タレントなどの著名人を起用する警察や自治体は多い。一般. ⑥ 河井孝仁、自治体政策形成における行政 広報の役割-地域経営と行政広報、地方 自治職員研修、査読無、第44巻通巻625 号、、150-170 ⑦ 河井孝仁、多様化する自治体広報と求め られる戦略発想、ガバナンス、査読無、 通巻第143号、、47-49.

KAWAI Takayoshi 研究目的 • 各自治体で行われている、シティプロモーション、 シティセールスの取り組みを具体的に分析する • 河井が提起する、シティプロモーションにおける、 地域魅力創造サイクル、メディア活用戦略モデルに 沿って、どのような施策が行われているかを、多様 な視点から. 一般質問解説~自治体広報に戦略を. ーション戦略を重点的に学ぶことを目的に、センターでの宿泊型政策研究会を 実施しました(政策研究会では初めての試みです。)。. 「自治体総合フェア」 3日間で11,254人が来場 自治体総合フェアは盛況裡に閉幕しました。 3日間の会期の合計来場者数は11,254人でした。 多数のご来場、誠にありがとうございました!.

「関係人口」創出で地域経済をうるおすシティプロモーション2.0 まちづくり参画への「意欲」を高めるためには - 河井孝仁/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. 河井 孝仁 氏 東海. 第6章 地域ブランドのアウトプットを利用したメディア活用戦略. 総会では、 年度の活動報告、 年度の活動計画などをご報告。 あわせて、「 with コロナ状況における行政コミュニケーションの現実と課題」をテーマに公共. 行政広報の多面的評価指標として(1)行政施策のロジックモデルに基づく「費用対効果指標」、(2)本研究の成果により提示した行政広報のメディア活用戦略モデルLAISLA+Sに基づく「行動変容評価指標」(3)地域経営の発想に基づく「協働実現評価指標」(4)ナレッジマネジメントのプロセスを説明する. isbn:.

多様化する自治体広報と求められる戦略発想 (スキルアップ特集 "相手に伝わる"仕事術) Webを活用した自治体広報の可能性 (特集 自治体における広報戦略). 岩崎, 正洋(1965-), 河井, 孝仁, 田中,. 0と地域経営-. にて。地域活性化を目的としたイベントで、来場者は自治体、議員、財団、社団、公営企業の方々。約120社くら. 自治体モバイル戦略 (シリーズ《動き出す地域 ユビキタス社会へ》) タイトルヨミ: ジチタイ モバイル センリャク 副書名: ケータイがつなぐ人と地域 ユビキタス社会へ向けて: 責任表示: 河井/孝仁∥著 細田/大. 18 新たな知と方法を生む地方創生セミナー 募集中 令和2年度新たな知と方法を生む地方創生セミナー「地域を活かす‼スマート農業 」. 佃 均著『ルポ 電子自治体構築』 自治日報社、年、isbn、2100円+税 中野雅至著『ローカルit革命と地方自治体』 日本評論社、年、isbn、2,800円+税 河井孝仁、細田大造著『自治体モバイル戦略』 信山社、年、isbn、1,200円. 河井孝仁 (Kawai Takayoshi) 専門領域 地域情報論(地域情報化・地域メディア・eコミュニティ) 行政広報論(自治体広報・シティプロモーション・地域ブランド・広報戦略・議会広報).

11 図書 コミュニティ. ソーシャルネットワーク時代の自治体広報 河井孝仁編著 ぎょうせい 中央:3185/77 ソーシャルメディアを広報に活用している自治体を先進事例として紹介し、自治体広報評価、広報戦略等を 分析して、今後の自治体広報のあり方を考察している。. 参考文献:「シティープロモーションでまちを変える」河井孝仁著. 自治体における戦略広報のすすめ方 3 東海大学文化社会学部広報メディア学科 教授 河井 孝仁 取材・インタビューの受け方 (演習) 8 ㈱プラップ ジャパン メディア・トレーニング部 部長 井口 明彦.

日刊工業新聞: ケータイ利用の遠隔操作装置.

自治体モバイル戦略 - 河井孝仁

email: fopujety@gmail.com - phone:(857) 128-2343 x 9432

全訳 列子 - 田中佩刀 - ジャムハウス ひと目でわかる

-> デパガの花道 - みやもと茶子
-> 環境材料学 - 関博

自治体モバイル戦略 - 河井孝仁 - 競馬激本


Sitemap 1

家なき鳥、星をこえる プラネテス - 常盤陽 - 日本の古寺美術